1. (一社)日本油料検定協会 ホーム
  2. 分析検査
  3. 食の安全
  4. 飲用の水

飲用の水

食品衛生法では、清涼飲料水の製造に用いる原水は飲用適の水でなければならない、とされています。ここで、飲用適の水とは、水道事業により供給される水、又は26項目の基準に適合する水、をいいます。

【食品製造用水】

安全で快適な水の供給は、水源や流入水などの環境の変化による影響が大きいことから、定期的に水質検査を行うことが重要となります。

食品衛生法に基づく26項目
ミネラルウオ−タ−原水の基準18項目
その他
清涼飲料水中のVOC、アルデヒド類

【その他の水】

公衆衛生の向上を目的として、遊泳プールや公衆浴場に対して水質基準を決められています。

建築物における衛生的環境の確保に関する法律(略称:建築物衛生法)による検査
遊泳用プールの衛生基準に対する指針に関する検査
公衆浴場における衛生等管理要領に関する検査

このページの先頭へ

©2008 Japan Oilstuff Inspectors' Corporation.All Rights Reserved.